心療内科 アダルトチルドレン

何故アダルトチルドレンが心療内科を受診する必要があるのか

アダルトチルドレン(AC)を克服する方法として、カウンセリングを受けるという方法があります。

そして、その心の傷のために身体的な不調が出ている場合は、心療内科へ行く事をおすすめします。

何故アダルトチルドレンと呼ばれる人が心療内科を受診する必要があるのかと言うと、アダルトチルドレンは、機能不全家庭に育ったために、心に傷を負っているためです。

機能不全家庭で育ったために負った心の傷というものは、愛情あふれた家庭で育った人には計り知れないほど深いのです。

心に傷を負えば、身体にも影響をおよぼします。

身体的な不調を治したとしても、それは対症療法であって、原因療法にはなりません。

その根本である精神の問題を解決しない限り、本当の治療にはならないのです。

そこで、心身医学、つまり、患者さんの身体的な不調を治すだけではなくて、心理的・社会的なものを含めた大きな視野で患者さんを診て行こうと考える医学が必要になります。

その、「心身医学」を専門的に診ているのが心療内科です。

そのため、アダルトチルドレンと呼ばれる人々は、心身医学を専門的に診る事が出来る、心療内科に診てもらうのが望ましいというわけです。

さらに、その心療内科がカウンセリングも行っていれば、もっと望ましいのは言うまでもありません。

アダルトチルドレンが心療内科を受診する時に大切な事

心療内科ではどのようにしてアダルトチルドレンの心の傷から立ち直る手助けをするのかと言えば、一言で言えば、「つらい過去の自分と向き合う事によって、アダルトチルドレンから回復する手伝いをする」というものです。

もっとはっきり言えば、「アダルトチルドレンが、過去のつらい出来事を思い出して、そのつらい過去の出来事を整理してゆく作業の手伝いをする」という事なのです。

それは、アダルトチルドレンである患者さん自身もつらい事ですけれど、機能不全家庭で育ったために負った心の傷と真正面から向き合わない限り、アダルトチルドレンから回復する事は不可能です。

心理療法の効果を上げるためには、患者さんと医師との信頼関係が何よりも大切です。

そのため、もし、「ここの病院は合わない」と感じた時には、他の病院に通う事も視野に入れる事をおすすめします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク