アダルトチルドレン 責任

アダルトチルドレンと責任

アダルトチルドレンは自分の失敗を、それがたとえ自分のせいだとは限らないとしても責任を他の人に転嫁してしまいがちです。

これは子供の頃に受けた傷によって人から嫌われてしまうことに対する恐怖心から来るもので、人に嫌われることを極端に恐れるアダルトチルドレンの特徴のひとつでもあります。

アダルトチルドレンになってしまう原因である子供の頃のトラウマには様々なものがありますが、長男や長女のアダルトチルドレンの方は、子供の頃に両親から過度な期待を受けて育ったというものが少なくありません。

子供にとって親というのは失うと取り返しの付かないかけがえのない存在です。

そのような存在から期待をかけられると、それが例え自分の実力以上のものだとしても無理をしてしまい、結果的に失敗してしまうと大きな心の傷となって残ってしまいます。

そのような傷が原因でなってしまうアダルトチルドレンは、何かに失敗してしまったときに責任を転嫁してしまうことが多いようです。

アダルトチルドレン 責任からの開放

子供が成人したときにアダルトチルドレンになってしまう責任は誰にあるのでしょうか。

家庭内のトラブルや親による過干渉、その他ゆがんだ愛情などによる心の傷が原因となりなってしまうのがアダルトチルドレンです。

子供にとっては親の存在というのはかけがえのない存在ですので、結局のところ子供がアダルトチルドレンになってしまう原因は親にあるということになります。

しかし、過去の心の傷が原因な状態ですので完全に回復することは出来ませんが、苦しみを癒すことは出来ます。

アダルトチルドレンによる生きづらさの回復には過去の自分を受け止めて、心の傷を癒すことが重要です。

それには本人の努力も必要ですが、心の傷の原因である親も、回復の大きな手助けをすることが出来ます。

自分の子供をアダルトチルドレンにしてしまう責任は親にもありますが、成人してアダルトチルドレンになった自分の子供を助けてあげる責任も、親にはあるのかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク