過干渉 アダルトチルドレン

アダルトチルドレンと過干渉

アダルトチルドレンは親からの過干渉によってなってしまう可能性があります。

過干渉とは、ある対象に必要以上に干渉してしまうことです。

これによって、子供の生活や行動に対して必要以上に鑑賞してしまい、その子が成人となった頃にアダルトチルドレンとなってしまう可能性があります。

もちろん、親からすれば自分の子供は非常に大切です。

出来るだけ傷ついて欲しくないし、自分の目の届くところにいて欲しいと思うことは当然のことでしょう。

しかし、そのような深い愛情が、子供にとっては窮屈に思う場合があることを理解することが重要です。

親から見て子供のことを深く愛していると同じように、本来子供は親のことを深く愛しています。

そのために、どうにか親に褒めてもらいたいと行動し、その行動によって成長をしていきます。

しかし、過干渉によってそのような成長を遮断してしまうと、子供はだんだんと自信を失ってしまい、傷を負い、アダルトチルドレンになってしまう可能性があるのです。

アダルトチルドレンになってからの過干渉

アダルトチルドレンは親からの過干渉によってもなってしまう可能性があることは前述したとおりなのですが、子供の頃に傷を負い、その傷を負ったまま成人になりアダルトチルドレンとなってしまった後にでも、過干渉はアダルトチルドレンの状態の人を苦しめてしまう場合があります。

現在ではアダルトチルドレンを病気と認識している人も多く、病院などで治療を強く勧めてしまう人も少なくありません。

相手が大切な人であれば大切な人であるほどに苦しみから解放してあげたいと思う気持ちはわかりますが、あまり強く干渉してしまうとさらに自己嫌悪してしまう可能性があり、そこからうつ病や他の精神病などを発祥してしまう場合があります。

共に生活をしていき、楽しい話をしたり苦しそうならば相談していくことによってゆっくりと回復していったというような事例もありますので、過干渉によって相手を苦しめてしまう場合があるということを頭に入れておき接することも重要です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク